マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

この資格の特徴

マイクロソフトオフィススペシャリストは、ビジネスシーンで広く使われているExcelやWordの技術や知識を証明できる、Microsoft office認定資格です。Officeのバージョンの更新とともに、試験のバージョンも次々更新されますが、自宅や職場などよく使うパソコンにインストールされているバージョンでの受験で問題ありません。
他の2つと違って国家資格ではありませんが、Office系の技術を証明する資格の中ではもっとも有名で、就職や転職の際にアピールしやすい資格となっています。

また、規定の4種類の試験に合格すれば「マイクロソフトオフィススペシャリストマスター」という称号が与えられます。Officeアプリケーションの総合的なスキルを証明する証となりますので、履歴書で確実に差がつけられます。

資格取得にあたって

こちらの資格も、パソコン教室などで定期的に講座が開催されており、通信講座も数多く存在します。
ある程度パソコンを扱える方なら、スクールに通わずに公式テキストを使用した独学で十分取得可能です。
試験は会場のパソコンを使用して実施されますので、テキスト通りに実際にパソコンで操作しながらの勉強が最も効率的と言えます。

Office系のアプリケーションはあらゆるシーンで使用しますが、誰にでも使える分、特化したスキルを磨く人はそこまで多くないようです。
実際、「基本的な関数しか使えない」「思った通りに印刷できない」などといった声もちらほら聞こえてきます。
取得していれば、事務職、営業職など幅広い職種において、頼りになる人材として重宝されるのではないでしょうか。


TOP